ぬいぐるみを使ってうつ病の予防や改善できる

サイトメニュー

リスクが少ないセラピー

医者

管理も持ち運びもしやすい

ぬいぐるみ療法はうつ病に効果があるとして期待されているセラピーとして人気を集めています。これの良いポイントの一つは、デメリットがすくないことにあるでしょう。うつ病の治療というと一般的には投薬療法が一般的で、大量の医薬品を処方されることも少なくありません。いくら公的な健康保険が適応されるとしても1割から3割負担はかなりの経済的な負担となりますし、服用するとなると副作用などで身体的な負担もかかってしまうのです。副作用を抑えるための医薬品も服用するため、一日に大量に服用することも多く、それ自体がストレスにもなっています。しかし、ぬいぐるみ療法で必要とされているのは、ぬいぐるみのみです。決して高いものを必要としないため、金銭的な負担はほとんどありません。ぬいぐるみ療法の方法は、ぬいぐるみに話しかけたり、抱きしめたりすると言った行為であるため、当然ですが身体的な負担も小さいのです。このようにリスクが少ないため、気軽に始めやすいことで人気が集まっています。

ぬいぐるみ療法に似たものにアニマルセラピーというのもがあります。どちらも、対象物(ぬいぐるみ・ペット)に話しかけたり、抱きしめたりすることで人間とは違うものとコミュニケーションすることで精神を安定させていきます。しかし、アニマルセラピーはペットを飼う場合は、その手間や費用がかかり、一人暮らしなどでは利用するのが難しいです。一方、動物のいるところに足を運ぶこともできますがそれでは日常生活で利用することができません。ぬいぐるみ療法はぬいぐるみを使うセラピーとなるため、自宅に置いておいてもトラブルになりませんし、日常的に利用することができます。また、ぬいぐるみの大きさや数に規定があるわけでもないため、旅行先や職場などにキーホルダーほどの大きさのぬいぐるみをバッグに忍ばせていくこともできます。常に身に着けておくこともできることは、精神的にも安心感を与えることができるのです。この手間がかからず利便性の高いこともぬいぐるみ療法の特徴だと言えるでしょう。