ぬいぐるみを使ってうつ病の予防や改善できる

サイトメニュー

心身を癒す効果があります

女医

大人や高齢者にも有効な治療法です

ぬいぐるみは、うさぎや猫、クマなどの動物をモチーフにしており、柔らかい手触りが特徴です。ぬいぐるみは子供の玩具のイメージがありますが、大人にも癒し効果があります。ぬいぐるみ療法は、ぬいぐるみに話し掛けたり、触れたり、抱きしめることで心身を癒す効果があります。現代はストレス社会になっているため、うつ病や不安神経症などの病気や、アダルトチルドレンなどで苦しんでいる人も増えています。ぬいぐるみは玩具売り場や、インターネット通販などでも、比較的リーズナブルな価格で購入できます。ぬいぐるみを選ぶ時は、手触りが良く、自分の好みの顔や外観の商品を選ぶと愛着を感じやすいです。ぬいぐるみ療法は、ぬいぐるみに頬ずりをしたり、抱きしめたりすることで不安や孤独を感じにくくなります。子供の時は大人が抱きしめてくれましたが、大きくなってくるとスキンシップは無くなってきます。ぬいぐるみは手触りが良く、温かいので抱きしめていると、心身がリラックス出来ます。20歳以上の大人や、高齢者にもお勧めです。

高齢者は若い人に比べると、交友関係も少なくなり、体調不良などが原因でうつの症状が見られることがあります。認知症とは違い、物忘れなどは見られることは少ないですが、集中力や気力が減退して元気がなくなることが多いです。早めに精神神経科を受診させることも大事ですが、自宅で実践できるぬいぐるみ療法などもお勧めです。高齢者は犬や猫などのペットを飼育するのは、難しい人がほとんどです。動物を飼育すると、エサやりや散歩、トイレの世話なども必要です。ぬいぐるみ療法は、ペットのように世話は必要なく、いつでも触れたり、抱きしめたりすることが出来ます。ぬいぐるみは高齢者にも、優れた癒し効果があるので、プレゼントをしてあげると良いでしょう。ぬいぐるみは温和な表情で、柔らかい手触りの商品がお勧めです。お肌の弱い人には、安全性の高い素材で作られた商品も販売されています。近くに玩具売り場などがある場合は、お子様が一緒に連れて行ってあげると良いでしょう。ぬいぐるみ療法は、欧米諸国などでは大変ポピュラーになっています。