ぬいぐるみを使ってうつ病の予防や改善できる

サイトメニュー

ひとりでできるセラピー

女性

ぬいぐるみがあれば誰でもできる

うつ病は社会的に認知されるようになってきましたが、だからといってうつ病罹患者はそれを公に打ち明けやすいかといえばそうではありません。打ち明けることができず自分のなかで心を押し込めてしまって、症状を悪化させてしまうケースもあります。そこで注目されているセラピーとしてぬいぐるみ療法が良いと言われているのです。なぜ、ぬいぐるみ療法かというと、その方法はぬいぐるみに話しかけたり、抱きしめたりすることで精神の安定することにあります。つまり、ぬいぐるみさえあれば一人だけでセラピーをすることができるわけで、周囲の協力が必要としないため打ち明けずに悩んでいる人でもできるのです。ただし、やはりうつ病は心の病であり、一人では改善するのはそう簡単な話ではありません。ぬいぐるみ療法はあくまでうつ病を予防したり悪化を防ぐためのものなので自分で治ったか判断するのが難しいものなのです。そのため、うつ病だと思ったら最低でも精神科医のカウンセリングを受けておくことをおすすめします。

ぬいぐるみ療法はぬいぐるみが必要不可欠のセラピーなので、これを利用するときはぬいぐるみを用意しておく必要があります。しかし、一言でぬいぐるみといっても多種多様なものがあるため、どれを選んでいいか迷ってしまう人は少なくありません。選ぶ際の基準としては、まずは大きさが挙げられます。というのも、ぬいぐるみ療法のやり方の一つに抱きしめる行為がありますが、ぬいぐるみが小さすぎると抱きしめることができません。そのため、利用者の首から腰ほどの大きさのぬいぐるみが抱きしめやすいサイズだと言われています。基本的にその1体で十分だと言われていますが、常に持ち歩いていたいと考えている人は、キーホルダーほどの大きさのものを予備で持っておくのもおすすめです。小さいため、抱きしめることは難しいですが、手のひらに乗せて頭をなでるくらいのことはできます。携帯しやすく仕事や旅行でも持ち歩くことができるため、外出先で不安にかられたときに携帯したぬいぐるみで癒してもらうこともできるでしょう。

抱きしめると不安を解消

カウンセリング ぬいぐるみは子供が持つだけでなく、高齢者や大人の心身を癒す効果があります。ぬいぐるみ療法は、ぬいぐるみを抱きしめたり、頬ずりをしたり、触れることで、不安や緊張、孤独感などを和らげる効果があります。うつ病や不安神経症などの病気にも有効です。

詳しく見る

ぬいぐるみを使うセラピー

聴診器 ぬいぐるみ療法はぬいぐるみに話しかけたり触れたりすることによってストレス解消し精神的病気を防ぐ効果が期待されています。そのぬいぐるみは人形やフィギアでも良く、大小を含めた複数体を所持していた方が便利だと言われています。

詳しく見る

まずはぬいぐるみ探し

悩む男性 ぬいぐるみ療法をするためには、まずぬいぐるみを手に入れることから始めることとなります。そのぬいぐるみは自分の分身でもあるため、人間の形に近いもので好みに合ったものを選ぶことが何よりも大切となってきます。

詳しく見る

リスクが少ないセラピー

医者 ぬいぐるみ療法は身体的にも金銭的にも負担が少ないセラピーであるために人気となっています。またアニマルセラピーのようにペットを飼う手間もありませんし、持ち運びすることができるため旅行先でも手元に置けられるのが特徴です。

詳しく見る

心身を癒す効果があります

女医 ぬいぐるみは動物をモチーフにした、愛らしい形状をしています。子供の玩具のイメージがありますが、大人にも心身を癒す効果があります。ぬいぐるみ療法は、ぬいぐるみを抱きしめたり、話しかけたりする方法です。うつ病などの病気、アダルトチルドレンに有効です。

詳しく見る